Manage Item Manage
Manage AIビジネス可視化ツール
AIビジネスの効果を可視化

面倒なAI学習データの作成はWebで発注して待つだけのアノテーションツール。自動品質評価機能を活用することで学習データ品質向上を実現します。

Service Manage Banner
Service Manage Banner
AIビジネスの課題を解決
膨大な情報収集・分析工数

AIがビジネスにどれだけ効果を与えているかを把握していますか?AIは様々なシーンで利用されるため、一律に効果を測ることは困難です。

定期的に様々なツール・システムから情報を収集し、分析する工数は膨大になっていきます。

harBestであれば、BIツール、SFA、CRMなどに散らばっているデータを連携することで、「集約・可視化」などを利用することが出来ます。

これを利用することで、情報収集、分析などの工数削減が期待できます。

AIモデルの改善

時間が経過するごとにAIが推論するデータが変化していきます。そのため、既に開発しているAIでもこまめにチューニングを施し、精度を保持する必要が出てきます。

harBestであれば、売上が減ってきた、効率性が落ちてきたなどの推移を可視化することでき、アラート機能を利用することで、あらかじめ設定した閾値を下回ると自動的にアラートを通知します。

改善の兆候を適切なタイミングで検知することが可能です。

ビジネス効果の共有

顧客ごとにビジネス効果が出ているかをチーム全体で共有できていますか?

チーム全体で情報を共有し、改善施策を繰り返すことで、AIモデルやビジネス手法などの適切な改善が期待できます。

harBestは顧客ごとの情報を可視化・分析をした結果をチーム全体で閲覧できるため、改善サイクルの効率化が期待できます。

主な特徴
Service Manage Major 1
ビジネス効果の可視化

AI自体の精度が高ければビジネスが成功するわけではありません。 適切なビジネス指標を可視化・分析することで、自社のAIサービスがビジネスに寄与しているかを知る必要があります。

「harBest for Manage」はAPI連携で様々なデータを集約することで、毎回発生するデータ収集・集約を効率化します。

データが連携された時点でリアルタイムに可視化されるため、迅速に変化を検知することが出来ます。

Service Manage Major 2
カスタマイズ可能

可視化する項目をお客様でカスタマイズすることが可能です。

お客様のビジネス効果指標に合わせて可視化することが可能です。

可視化・分析内容についてのコンサルティングもお受けしております。

Service Manage Major 3
単独利用可能

自社でAI環境を保有しているが、可視化ツールを探しているというお悩みにお応えします。

harBest for Manageの単独利用でも、各種APIや自社システムとの連携も対応可能です。

主な機能
Service Main Function 1
リアルタイム効果測定

AIビジネスの評価指標として、売上、コンバージョン率、効率性などのデータを連携するとリアルタイムに可視化し効果測定することができます。
効果測定する指標はカスタマイズ可能で、アラート機能で設定を行うことで、あらかじめ設定した閾値を超えると通知を行います。

API連携

BIツール、SFA、CRMなどの各種ツールなどからAPI連携することにより、様々なデータを集約することが可能です。
様々なデータを連携することで、毎回様々な箇所からデータを集約する工数を削減します。

Service Main Function 2
Service Main Function 3
アラート通知機能

効果測定する指標はカスタマイズ可能で、アラート機能で設定を行うことで、あらかじめ設定した閾値を超えると通知を行います。(メール通知もされます)
ビジネスの変化をいち早く察知することで、機会損失の発生を抑止することに貢献します。

Harbest Slack
安心のサポート体制

harBestなら開発運用に不安がある方でも安心。

Slack等での万全なサポートを保証します。

詳しくは製品資料をご請求ください