MLOps Item MLOps
MLOps ノーコードAI・人工知能開発
ノーコードで
AI・人工知能・機械学習開発

AIへ学習させるデータは「harBest for Data」から連携することでシームレスに開発をすることが出来ます。

MLOps Banner Service
MLOps Banner Service
AI(人工知能)開発の課題を解決
AI専門家が不可欠

AIモデルの開発は機械学習エンジニアやデータサイエンティストなどの専門家が必要不可欠です。このような人材は市場でも貴重です。

「harBest for MLOps」は、専門家不要でノーコードでAI開発をすることが可能です。

AI専門家の知見を活かした、設計となっており、現在主に使われている安定した技術を中心としたアルゴリズムを使用することが可能です。

また、お客様で開発したAIモデルを活用することも可能です。

多くの開発工数

AIモデル開発はコーディングだけではなく、「学習環境の構築」、「AIモデル実行環境の構築」などのインフラ整備も必要になってくるため、多くの開発時間を要します。

「harBest for MLOps」は、インフラ整備は不要ありません。すぐにノーコードで開発を始めることが出来るため、開発工数の圧縮が期待できます。

運用・保守の人員問題

AI開発が完了し、サービスローンチを迎えてからも運用・保守を継続する必要があります。 一般的には、AIモデルの運用・保守が出来る人材を確保することで対応していきます。

「harBest for MLOps」では、運用・保守のための人材確保は必要ありません。 全ての運用は「harBest for MLOps」で行うことが可能で、保守対応も不要です。

主な特徴
Service MLOps Major 1
ノーコードでAI開発

「harBest for MLOps」は、AI専門家でなくとも、ノーコードでAI・人工知能・機械学習開発を行うことが出来るため、自社のエンジニアリソースで開発を進めることが可能です。

また、AI開発後はAPIを利用することで、開発したAIを簡単に自社システムで利用することが可能です。

Service MLOps Major 2
学習データの連携

AIが学習するためのデータを「harBest for Data」から連携・管理することが出来るため、簡単に保有しているデータとMLopsを連携でき、モデル作成やAI精度の評価・比較が容易になります。

Annotation Thread 3
様々なアルゴリズムを選択可能

主流である様々なアルゴリズムに対応しており、最適なアルゴリズムを見つけるために実験することが可能です。

※随時、主流となるアルゴリズムを「harBest for MLOps」へ追加してまいります。

主な機能
Service Main Function 1
AIモデル開発・管理機能

「harBest for MLOps」は、作りたいことを選択するだけで、AIモデルを簡単に開発することが出来ます。
また、開発したAIモデルを一元管理することが出来るため、複数のAIモデルを稼働させて並行稼働させることが可能です。

AIモデル精度モニタリング機能

AIモデル構築後の精度監視を行うことが出来ます。
時間が経過するに従い、学習したデータと異なるデータが流入してくる可能性が高く、AIモデルの精度へ影響を与えてしまいます。
そこで「harBest for MLOps」は、AIモデル精度モニタリング機能を利用することで、AIモデルの精度変化をいち早くキャッチできます。
また、「harBest for Data」と連携させることで、精度が低くなった際に再学習も可能です。

Service Main Function 2
Service Main Function 3
AIモデル推論呼び出しAPI

「harBest for MLOps」は、作成したAIモデルをローカルPCや自社システムなど簡単に呼び出して使用することが可能です。
AIモデルの実行環境を用意する時間を省略し、すぐに使い始めることが出来るため、AI利用開始までのリードタイムを圧縮できます。

Harbest Slack
安心のサポート体制

harBestなら開発運用に不安がある方でも安心。

Slack等での万全なサポートを保証します。

詳しくは製品資料をご請求ください