食品

検品・検査・故障予知など製造業で
幅広く利用されるアノテーション

人手不足の解消や在庫最適化など製造業ビジネスの最適化にAI・人工知能は幅広く活用されています。
この他にも日々新たな活用シーンが模索されており、御社のビジネス合わせたデータ作りが欠かせません。

製造業の利用シーン
Solution Food 1
不良品検出
食品製造ラインで目視で行っていた不良品チェック(焦げや崩れなど)を自動的に検出するなどで利用されています。
不良品チェックにかかる人件費削減や不良品の流通を低減させることで食品製造の品質向上に役立っています。
Solution Food 2
食品仕分け
加工素材の仕分けを自動化するなどに利用されています。
同じ素材であっても、サイズ(規格)によって、異なる加工品を製造する場合、仕分け作業は非常に大変な作業です。
仕分けを自動化することにより、人件費削減や生産効率向上などに役立っています。
Solution Food 3
熟練技術の活用
加工素材の仕入れの際に熟練者の目利きによる評価を自動判定するなどで利用されています。
目利きの技術を習得するには非常に多くの経験と経験が必要となります。このような技術を利用することで安定した品質で仕入れを行えることに役立っています。
関連シーン
Solution 4
小売・飲食
Solution 3
物流
Harbest Slack
安心のサポート体制

harBestなら開発運用に不安がある方でも安心。

Slack等での万全なサポートを保証します。

ご不明点はお気軽にお問い合
わせください