不動産・建設

現場安全、劣化検知など
不動産・建設業で幅広く利用されるアノテーション

危険な現場の安全施策や熟練技術の代替など不動産・建設業ビジネスの最適化にAI・人工知能は幅広く活用されています。
この他にも日々新たな活用シーンが模索されており、御社のビジネス合わせたデータ作りが欠かせません。

不動産・建設の利用シーン
危険な現場の安全施策や熟練技術の代替など不動産・建設業ビジネスの最適化にAI・人工知能は幅広く活用されています。
この他にも日々新たな活用シーンが模索されており、御社のビジネス合わせたデータ作りが欠かせません。
Solution Real Estate 1
安全保守
作業員の安全保守として、立入禁止エリアに立ち入った場合に警告を出すなどで利用されています。
従来のセンサー利用の場合、立ち入った対象物が人間以外(猫、犬、鳥など)であっても反応していましたが、アノテーションデータを学習させることで、対象物を判断することが可能です。
Solution Real Estate 2
劣化箇所発見
道路建設の亀裂や物件の壁の亀裂などの劣化箇所を自動的に発見するなどで利用されています。
検査にかかる作業時間を削減することが出来ることや、高速道路などの道路検査でこの技術を利用することで、走行しながら劣化箇所が分かるため、作業員の安全にも役立っています。
Solution Real Estate 3
熟練技術の活用
人材不足が進んでいる中で、熟練者の技術継承のために利用されています。
熟練者が行った作業内容や関連情報を学習することで、似ている作業を行った際に、過去の情報をレコメンドすることで熟練者の経験を効率的に活用などに役立っています。
関連シーン
Solution 1
製造
Solution 3
物流
Solution 6
エネルギー
Harbest Slack
安心のサポート体制

harBestなら開発運用に不安がある方でも安心。

Slack等での万全なサポートを保証します。

ご不明点はお気軽にお問い合
わせください